子宮と生理と布ナプキン

子宮と生理と布ナプキンの講座を開催しました!!

 

品川の会場にて25名程の参加の方へ助産師からの目線でのお話。

 

ab2a7a22-8ae0-4ebc-ad09-67d13dd1cddd-1

 

参加の方はエステサロンのオーナー様がほとんどで

 

美容整体の男性の先生方も参加

 

やはりね、女性の身体をケアされている方々は、本当に意識が高いです。

 

まずは、「布ナプキン」についてのイメージやら

 

「毎月の生理を楽しめているかな?」から入りました。

 

今まで考えた事も無かった事ですね。

 

毎月の生理を楽しんでいるか????????

 

男性の方は、生理のイメージは全くないと思いますが

 

感想としては「子宮が狭いイメージ」とか

「あまり良いイメージない」

「奥さんをみていて辛そう」との感想がありました。

 

毎月の生理ちゃんは、身体の仕組みを知れば知る程に

 

楽しくなれると私は思います。

 

身体の仕組み、まずは

 

「骨盤の中にある子宮・卵巣・卵管などなど」の名前を知って頂きたいなぁ〜

 

部位を知り、貴方の身体の中で、どんな働きを毎月してくれているのかな?

 

子宮の働き、それは、貴方の為?それとも赤ちゃんの為???

卵巣の働き、それは、卵子という卵ちゃんを作る働きだけ???

卵管采の働きは?? 卵管の働きは?

何故、そういう働く仕組みができたんだろう???

 

今まで、なんにも考えずに、持っている事が当たり前の臓器で

 

時期が来たら、毎月面倒だと思う生理がきたり

反対に、生理不順だったり、排卵痛だったり、お薬で痛みを止めたり、コントロールしたり

 

人によっては、毎月の生理が辛くて辛くて、取り去ってしまいたいという女性だっている現実。

 

女性に生まれたからには、毎月の生理ちゃんを楽しみ

エストロゲンやら、プロゲステロン、オキシトシンなどのホルモンも敏感に感じ

生理ちゃんが無くなっても、女性らしくいられるように「女性性」を謳歌して欲しいなぁ〜と思います。

 

婦人科疾患の一つの原因には「紙ナプキン」の影響が大きいです。

これは、知っているのと知らないのとでは、全く毎月のストレスが違ってきますね。

 

初めての生理の時から、紙ナプキンの日本

これを、布ナプキンに変える事で

身体の反応は全く違ってきます。

 

子宮ちゃんが怒っちゃう原因

①紙ナプキンやタンポンによってガンガンに冷やされ激怒

②身体に合わないショーツで締め付けている

③生理痛での痛み止めで血流遮断

④経皮毒沢山でもういっぱいいっぱい……

 

でも、あなたの子宮ちゃんは、毎月毎月、あなたの為に頑張っていますよ。

 

布ナプキンにする事で、

不思議な出来事ですが、子宮との対話ができますよ!!

子宮との対話ができるようになるとね、経血コントロールができるようになります。

 

そうなる頃には、もう毎月のストレスがなくなり

生理ちゃんが待ち遠しくなる事間違いない!!

 

昔の人はできていた「経血コントロール」

 

ね、布ナプキンデビューしてみませんか?

 

IMG_0250

 

次回のセミナーは

8月初旬  長野県

8月14日  13:30〜目白エリア

8月17日  東村山市

8月20日  10時〜立川市

 

 

 

 

 

◆Salon de Vivero◆
住所
〒106-0047
東京都港区南麻布1-15-5
アクセス
大江戸線 麻布十番駅[7番出口]より 徒歩8分
南北線 麻布十番駅[1番出口]より 徒歩5分
TEL
03-6809-6334
営業時間
10:00~21:00(最終受付20:00)
定休日
水曜日
カード
可(VISA、Master、アメリカン・エキスプレス)
~託児について~
http://vivero.jp/about/#takuji
~メニュー~
http://vivero.jp/menu/
~ご予約・お問合せ~
http://vivero.jp/contact/